リフォームのすすめ!

一戸建てを賢くリフォームするには?

夢のマイホーム!

結婚や出産を機にあたらしい家に引っ越しをしようとしている人は、意外と多いのではないでしょうか。
賃貸もいいですが、せっかくのマイホームですから、一軒家を買いたいという方のほうが多いですよね。
しかし、一口に一軒家を手に入れるといってもその方法はさまざまあります。
一軒家を手に入れる方法を大きく2つに分けると、新しく新築で家を建てる方法と、もうすでにある中古の物件をリフォームするという方法になります。
この方法にはそれぞれメリットやデメリットがあり、どちらがいいかは立てる人の好みだといえるでしょう。
しかし、近年は空前のリフォームブームということもあってリフォームをしたいという人が増えてきているようです。

どれくらいかかるの?

では、実際に一軒家を手に入れるにはどれくらいの費用や時間がかかるのでしょうか。
まず、家を建てるには土地が必要ですよね。
ということで家を買うということは、同時にその家を建てる土地も買うということになります。
一般的に新築で家を建てる場合、土地の価格も含めて大体4000万円くらいのお金がかかるといわれています。
家を買うのは決して安いものではないとはわかっていても、改めて数字にするととても大きなお金でびっくりしてしまいますよね!
ちなみに、この費用は新築一軒家を買った場合なので、中古物件をリフォームすることでかなりお安く抑えることもできるみたいですよ。
さらに、実際にお金を払ってから、新しい家に引っ越すまでには約1年ほどという長い時間がかかります。
家を買ってすぐに引っ越せるというわけではないので、引越しの計画は入念に立てておきたいですよね。


TOPへ戻る